Top >  若返り美肌 >  肝斑(かんぱん)ってどんなシミ?

ナチュラル・アンチエイジング きれいを保つ60の習慣

勝田小百合さんの書籍です。ブログもよく見ますが、ブログを読むより面倒でなく、本の方がわかりやすいのと、商品選びや生活の参考になります。アンチエイジング&美容をテーマにしたブログ「アンチエイジングの鬼」から愛読しています。カイロ治療院「ナチュラルカイロプラクティック」を開業し、院長として多くの女性の施術をされていることも信頼できる内容だと思います。表面からも内面からも健康に美しくなるためにどうしたらよいかを丁寧に分かりやすく説明してくれる本です。

肝斑(かんぱん)ってどんなシミ?

「肝斑」は、大きさや形はさまざまで、特に熟年女性にきわめて多く、主に30才代?40才代の女性の目の下や、両頬などに左右対称にみられる薄茶色い色素斑のシミのことをいいます。自覚症状や炎症症状は全くなく、どういうわけか、女性に多く、ほとんど男性には見られないのです。女性に多い原因として、不適切なマッサージや、ホルモンバランスのくずれなどが原因ではないかと言われています。皮膚科や美容クリニックを訪れる、シミの治療を希望する約半数には、この「肝斑」があるのです。シミが発生したころは、なんとなく頬がくすんだ感じがする程度なのですが、それを放っておくと、しだいに範囲が広がります。さらに色が濃くなり、非常に治りにくいがんこなシミとなってしまうのです。この肝斑は、紫外線により、さらに増幅するので、夏に増え、冬に減っていきます。肝斑の効果の期待できる治療方法は、レーザー治療は基本的に無効なので、内服剤を服用することによって、早くて2週間程度で効果が現れます。その他、ビタミンC誘導体とプラセンタのイオン導入やケミカルピーリング。そして、外用剤やトレチノインとハイドロキノンの2剤併用療法なども有効です。

ナチュラル・アンチエイジング きれいを保つ60の習慣

勝田小百合さんの書籍です。ブログもよく見ますが、ブログを読むより面倒でなく、本の方がわかりやすいのと、商品選びや生活の参考になります。アンチエイジング&美容をテーマにしたブログ「アンチエイジングの鬼」から愛読しています。カイロ治療院「ナチュラルカイロプラクティック」を開業し、院長として多くの女性の施術をされていることも信頼できる内容だと思います。表面からも内面からも健康に美しくなるためにどうしたらよいかを丁寧に分かりやすく説明してくれる本です。

 <  前の記事 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)ってどんなシミ?  |  トップページ  |  次の記事 「老人性疣贅(ゆうぜい)」「老人性イボ」ってなに?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「アンチエイジング若返り美肌を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。