Top >  若返り美肌 >  老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)ってどんなシミ?

詳しくはコチラから

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)ってどんなシミ?

「老人性色素斑」は、早い人は20才代からみられ、主に30才代ぐらいから現れはじめるシミとされています。老人性色素斑の形は、円形のことが多く、顔の他にも手の甲などに出現することがあります。さらに、老人性色素斑は、太陽から降り注ぐ紫外線によるメラニン色素の沈着が原因となっているので、紫外線を避けるだけでも、シミが表面化してくるのを、ある程度防ぐことが出来るのです。老人性色素斑の中でも、ざらつきや厚みのあるようなシミには、医療レーザー治療でなくては、消すことができません。この厚みは、メラニン色素をもった表皮が厚くなってしまったものなのです。どんな美白系の化粧品をいくら使っても、このように厚みをもったシミには、効果が出ないのです。医療レーザーは、メラニン色素のみ吸収されて、シミ部分の表皮と角質層をはがすことでシミがとれるのですが、一時的にかさぶたができてしまうのですが、新しい皮膚がそこに再生していきます。老人性色素斑の効果の期待できる治療方法は、ケミカルピーリングやIPL治療、レーザーフェイシャル、トレチノインと美白剤の2剤併用療法外やイオン導入が効果的です。

詳しくはコチラから

 <  前の記事 フォトRFとは?  |  トップページ  |  次の記事 肝斑(かんぱん)ってどんなシミ?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

このページについて

このページは「アンチエイジング若返り美肌を知る100の疑問」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。